ホーム > 仕事 > 帰化許可申請

帰化許可申請

帰化許可申請の動機書を作成しようとしていますが、これが永住権申請の際の理由書とどこが違うのか、少し戸惑っています。永住権申請の時には、日本企業に勤めていることを大きな理由として定着性をアピールしました。日本企業は終身雇用が前提ですので、このまま定年まで勤めるために、永住権が必要だというのは、結構理由として通りやすかったわけです。ところが今回の帰化許可申請の場合は、日本企業に勤めていることは理由になりません。帰化許可申請をするということは日本国籍を取得するということですが、日本企業に勤める外国人は沢山いますから、何も日本国籍を取得しなくたって、永住権があるからいいでしょう?という話になるわけです。そうすると、自分が何故日本人になりたいのかといえば、やはり日本のパスポートや日本国の力による恩恵にあずかりたいという、そんなところが理由となるわけですね。帰化許可申請については、またご報告しますね。


関連記事

帰化許可申請
帰化許可申請の動機書を作成しようとしていますが、これが永住権申請の際の理由書とど...
帰化申請 在日の心境
帰化申請は、結局、検討中ということなのですが、在日であるわたしの場合、法律上の要...