ホーム > 生活 > 配偶者ビザ 更新

配偶者ビザ 更新

配偶者ビザ 更新の時期がやってきました。実は、私の妻は、日本人の配偶者のビザを、もう3回も更新しているので、永住許可の申請が十分出来るのですが、妻は、永住許可を申請したくない、配偶者ビザの更新をするといってきかないのです 笑。
配偶者ビザの更新について考える際に、次の伊丹万作の、配偶者について書いた著作権切れの記事が参考になります。
まず衣服であるが、全部和装ばかりで数もごくわずかしかない。洋装は何か妻の空気と合わないような気がする。当人も「私が洋服を着たらモルガンお雪みたいになるでしよう」と言つている。このモルガンお雪というのはたしかに感じが出ている。着物はほとんど全部私が見立てて買つたものばかりだ。もちろんどれも十年も前に買つたものばかりであるが、いま取り出してもまだ渋いようなものが多い。帯は二本か三本しかない。そのうちの一本は私が描いてやつたものである。絵は梅の絵で、右肩に『唐詩選』の句が賛にはいつている。それがちようどお太鼓の所一ぱいに出る。地は黒じゆすで顔料は油絵具のホワイトを少しクリーム色に殺して使い、筆は細い日本筆を用いた。
 妻はよほどこの帯が気にいつたとみえて、十年ほど、どこへ行くにもこれ一本で押し通したため、しまいには絵具が剥げて法隆寺の壁画のようになつてきた。それで五、六年前に新しく描き直してやつた。だから今のは二代目である。いつたい、妻は着物はねだらないほうである。着物はかまわないから家具を買つてくれという。好きな家具や調度を磨いたり眺めたりするのが唯一の道楽のようである。
 今までに彼女をもつともひきつけたのは宮沢賢治で、今も宮沢賢治一点ばりである。別に芸術価値がどうというのではなく「こんな心の綺麗な人はいない」といつて崇拝しているのである。
 その他で一番おもしろがつたのは『シートン動物記』で、これは六冊息もつがずに読んでしまつた。
 映画。映画はあまり好きではない。たまに亭主の作品でも出ると見に行くこともあるが、行かないこともある。その他はほとんど見ないようだ。いつか原節子が見舞いに寄つたとき、玄関に出て「どなたですか」ときいたくらいだから、その映画遠いこと推して知るべしである。
配偶者ビザ 更新は、信頼できる行政書士さんにお願いしている我が家です。

関連記事

帰化申請
帰化申請をするにあたり気をつけなければならないことを夫と箇条書きにして見ました。...
配偶者ビザ 更新
配偶者ビザ 更新の時期がやってきました。実は、私の妻は、日本人の配偶者のビザを、...